お知らせ《最新情報》


金田漁協年末年始営業のお知らせ

組合窓口     12月28日(午後5時まで)  1月4日から営業

信用窓口     12月28日(午後3時まで)  1月4日から営業

スタンド      12月28日(午後5時まで)  1月4日から営業

舫い船      12月30日(午後8時まで)  1月4日から営業

直売センター 12月30日(午後6時まで)  1月4日から営業

 

 

千葉ブランド水産物認定!!

千葉ブランド水産物である金田産一番摘みあま海苔に続き、

今回新規で「金田産焼ばら乾海苔」が認定されました。

ご購入やお問合せをお待ちしております。

お求めの方 TEL:0120-178663

お問合せ先 TEL:0438-41-0511

 

 2019年の潮干狩りは3月9日(土)にオープン!

 

 

潮干狩り事業からのお知らせです!

金田みたて海岸より

潮干狩り休憩所を多目的施設としてご利用しませんか?(例:ダンスの練習場や展覧会会場など)

潮干狩りのご案内ページの下段に休憩所の写真があります。

 

平成30年の潮干狩りは7月16日(祝日:海の日)をもって終了致しました。
ホームページやFBをご覧になりご来場いただいた皆さま、大変ありがとうございました。
また来シーズンのご利用をお待ちしております。(2018-07-23)
Top

 

海鮮レストラン 舫い船 営業時間及び定休日のお知らせ

下記のように定休日と営業時間が変更になりました。

定休日 毎週木曜日
営業時間 11:00~15:00 17:00~20:30(ラストオーダー20:00)(2018-5-23)

 

 

舫い船では忘年会、新年会のご予約を承ります。詳細はお問い合わせください。0438-42-1418


海鮮レストラン「舫い船 (もやいぶね)」4月1日オープン!

平成30年3月16日、金田みたて海岸潮干狩り場内に建設中の海鮮レストラン新築工事が完了し、確認検査後に建物の引渡しが行われました。

店舗名称は、海鮮レストラン「舫い船(もやいぶね)」金田漁協直営で、平成30年4月1日(日)にオープンします。

通常営業時間は11:00開店/20:30閉店(ラストオーダー 20:00)を予定しております。
ただし、潮干狩り期間は潮廻りに合わせて開店時刻を前倒して営業する予定です。

舫い船(もやいぶね)の電話番号は 0438-42-1418 、店舗内は無料Wi-Fi環境を用意しておりますのでBBQ-guestをご利用下さい。

皆様のご来店、こころよりお待ちしております。

 

 

海鮮レストラン 舫い船(もやいぶね) 店内からの景観です。
潮干狩りや木更津観光でお近くに来た際には是非お立ち寄りいただき、お食事と共にお楽しみ下さい。(2018-3-27)


 

 

 

 

水神祭祈祷式執り行われる!

平成30年2月17日、金田漁業協同組合敷地内に奉られている「水神宮」において、地元行人である中島敬愛講会および高須敬愛講会の皆様、並びに武内組合長以下役職員参列による水神祭の祈祷式が執り行われました。

 

中島行人・高須行人によるご祈祷に続き、中島行人代表・篠田様による祝詞の奏上、武内組合長以下組合役員による玉串の奉天、そして篠田様によるお祓いの様子です。

(2018-2-17)

Top

 


Top

 


ちば新海苔オーナー特典イベント開催!

1月28日(土)と29日(日)の両日、ちば新海苔オーナーとなっていただいた方を対象に「海苔養殖場・加工場の見学・昔ながらの海苔作り体験・鉄砲巻き作り体験」イベントが開催され、多くのオーナー様にご参加いただきました。
また、28日(土)は強風のため一部内容変更があったようですが、寒い中お越しいただきありがとうございました。

 

海苔作り体験として、先ずは海苔漉きを行っています。
皆さまノリスの上に通常の四角い形のほか、型枠を使って思い思いの「海苔作り体験」を楽しんでいました。

海苔を天日干ししている間に場所を移動し、オーナー様には海苔養殖の現場を実際に見ていただき、その後昼食となりました。
昼食は「鉄砲巻き」と呼ばれるオカカやたくあんを芯とした海苔巻きです。
事務局から説明を受けたのち、オーナーの皆様が自ら作り・食べるという内容で、太いのやら細いのやら皆様真剣な面持ちです。

 

最後は海苔の付いた海苔網を海中でなく陸上に張り出し「海苔摘み」の体験。
事務局より取り放題との説明を聞くや否や、皆さま夢中での海苔摘みとなりました。​(2018-1-29)

Top

 


 


焼ばら乾海苔の生産準備始まる!

焼ばら乾海苔用の生ノリの買い取りが始まりました。
皆さまより美味しいとご好評いただいているこの焼ばら乾用のノリは、ここ金田漁業協同組合の海苔養殖施設のうち特に支柱柵で生産されたノリに拘っております。
支柱柵で養殖しているノリ網というのは、干潮時に海水面より高い位置にあり天日や風にさらされる事になります。この様な環境で育ったノリは焼いて食べたときに「パリパリ感」を強く感じるものです。是非一度ご賞味下さい。(2018-1-12)

焼ばら乾海苔

支柱柵イメージ

Top

 


新規施設工事は順調に進行中!

こちらは金田漁業協同組合敷地内に建設中の「水産物加工処理施設」。一般的に言う「乾海苔製造施設」です。

既存設備の流用も考慮し現在も使用している「竹下製の全自動20連乾燥機」を新規導入します。

この施設は木更津市域の海苔養殖業者が抱える諸問題に対応する目的で建設され、完成後は11,910千枚/年の生産能力をもって乾海苔生産が行われる事になります。平成30年3月完成予定です。

こちらは金田みたて海岸潮干狩り場に建設中の「海鮮BBQレストラン」。

コンテナを改造した構造のお店です。目の前の東京湾で獲れる、魚貝類を使ったBBQスタイルも取り入れた和食店となる予定です。

正面に見えている部分は厨房で右手側が入り口です。建物の向こうに「海ほたる」を含め素晴しい景色があるのですが、それは食事と一緒に楽しんでいただきたいと思います。

(2018-1-10)

Top

 


 

漁協直営の海鮮BBQレストラン建設!

金田みたて海岸潮干狩り場に組合直営の海鮮BBQレストランが出来ます。
平成29年10月22日(日)建設に先駆け、建設予定地において成田山教会様による仏式での地鎮祭を行いました。
当日は台風21号の接近で最悪ともいえる悪天候ではありましたが無事に終えることができ『雨降って地固まる』のように、これから始まる建設作業も事故なく順調に行われます事を関係者一同祈念しました。

金田みたて海岸建設予定地

地鎮祭の様子

 

完成イメージ!

☆潮干狩りを楽しんだ後のお食事処として

☆木更津観光の休憩場所として

富士山や横浜から東京の景色を楽しみながら食事ができます。
平成30年4月の完成予定です。

(2017-11-01)

Top



みたて海岸潮干狩り場の無料休憩所が完成!

休憩所室内

室内更衣室
パーゴラ

室内からの景色

「みたて海岸潮干狩り場」に昨年11月より建設中であった無料休憩所が完成しました。
ご利用には「ご予約」が必要となりますが、200人程度の収容を見込んでおりますので「空き状況」によっては個人でのお申し込みも可能です。
ご家族様や小グループの方へお勧めしたいのは、この休憩所に隣接した「パーゴラ」という「日差しは遮るが、そよ風の吹きぬける」テーブル席。
この「みたて海岸潮干狩り場」にはBBQ業者も常駐しておりますので、このパーゴラ席には人気が殺到するのでは!?
是非、お問い合わせ下さい。(2017-03-15)

Top


千葉県知事に要請書を提出!

2017年3月2日、武内組合長は森田知事宛に組合員536名分の署名済み要請書を提出するべく千葉県庁を訪問した。
知事不在のため、農林水産部長を訪ね千葉県知事にお渡しいただけるようお願いし手渡した。

要請書の趣旨・内容については以下の通り。
・アサリに寄生するカイヤドリウミグモによる斃死被害
・アナアオサノリの大量漂着・腐敗による海苔養殖業への影響
・貧酸素水塊による干潟生息魚介類への影響
など、漁業で生活できる本来の東京湾漁業環境を返してほしいと訴えた。

画像データは当組合入り口付近における漁港の様子。
硫化水素発生に伴い海の色が変色しているのが確認出来ると思う。
こんな海になっても、そこにしがみついて生活している漁師がいるのだ!(2017-03-07)

Top


垂下式あさり養殖施設にて!

「垂下式あさり養殖」の施設にて、親指大の牡蠣稚貝が約5ヶ月間で殻長8cm程に成長した。
あさりネットに稚貝約50個を入れた養殖カゴ×2であったが、1カゴはあさりネットが破れ牡蠣がカゴ内で転がった模様。殻の角が丸みを帯び、手で持っても指先を傷つける事も無かった。
また、もう1カゴの方はあさりネットが破れんばかりの状態で、牡蠣とは「こんなにも成長が速いものか!?」と驚かされた。(2017-03-06)

Top


ハマグリの水揚げが順調に行われております!

漁業自営事業の一環として「ひな祭り」を迎えるこの時期、ハマグリの売買単価が高騰すると共に組合員によるハマグリの水揚げ作業がスケジュールされる。
今年は2月7日から27日までが当初スケジュールであったが、春一番を含む悪天候の時化続きでようやく2月22日に初日が出た。
このまま、予定通りの水揚げ数量となってほしいものだ。(2017-02-27)

Top


渡辺木更津市長に要請書を提出!

 

2017年2月2日、武内組合長は組合員536名分の署名済み要請書を渡辺木更津市長に手渡した。
・アサリに寄生するカイヤドリウミグモによる斃死被害
・アナアオサノリの大量漂着・腐敗による海苔養殖業への影響
・貧酸素水塊による干潟生息魚介類への影響
など、漁業で生活できる本来の東京湾漁業環境を返してほしいと訴えました。(2017-02-02)

Top


 

facebook始めました! コチラ からどうぞ!

 

Top